新しくお墓をお探しの方へ

お葉を求める声はさまざま。大蓮寺では個別の事情をよくお聞きしたうえで、お墓の選択をお勧めしています。

お墓を選ぶ5つのポイント

そろそろ家のお墓を求めたい、独身なのでひとりのお墓がいい、実家のお墓をこちらに移転したいのだが…お墓を求める声はさまざま。費用もたいせつですが、お寺のお墓は長くおつきあいするものですから、慎重に選びたいものです。

一言でお墓といっても、その立地や条件はまちまち。首都圏では1基5百万超という高額なものもあり、また郊外型の霊園ですといつでも気軽にお墓参りというわけにはいきません。むろん、そのお寺の住職の宗教者として人格、信頼が何よりも肝要であることは言うまでもありません。選ぶ側に立った選択肢が、ある程度、設けられていることもポイントといえましょう。

いまお墓を求める人々のニーズはどのようなものか、ある民間調査では以下の5点にまとめています。

  • 1 .交通至便

    都心部にあって、交通至便であること。

  • 2 .供養の継続

    定期的な供養が勤められていて、家族が誰でも参加できる場になっていること。永代供養であれば、その供養の内容が明らかにされていること。

  • 3 .選択の幅

    自分らしさにこだわる人には、ある程度の選択の幅があって柔軟に受け入れ態勢があること。

  • 4 .費用が公正

    費用が公正で納得できること。

  • 5 .地域から支持

    地域から支持されているお寺であって、住職の人柄が信頼できること。

大蓮寺のお墓、3つの選択

大蓮寺には、現在3つのタイプのお墓があります

1.家のお墓

昔からある伝統的な家のお墓です。墓地はいろいろな寸法があり、一律ではありませんから、必ず事前に場所と寸法を選んでください。

お墓を立てる場所を「聖地」といい、90センチ四方が1聖地となります。大蓮寺の場合、1聖地の永代使用料は160万円(檀信徒は別)ですが、これを基準として墓地の実測に合った冥加料を設定しています。

その聖地の上に、お墓を建立しますが、その際は当山指定の墓石業者をご紹介します。材質や大きさによって見積もりが出ます。

またお墓が開眼した以降は、檀家として毎年2万円の護持会費(墓地管理費含む)をご志納いただきます。それ以外の費用はいただきません。

2.生前個人墓「自然(じねん)

大蓮寺独自の個人向けのお墓です。一般の永代供養墓と違い、生前にご本人の意思で決めていただくのが特徴です。詳細は以下をご参照ください。

生前個人墓自然 お申し込み

3.永代供養総墓「共命(ぐみょう)

こちらは家単位の永代供養墓です。本来は当山の檀家様で今後お墓の承継困難となるであろう方を対象に設けました(1基150万円)。檀家様は、期限を区切って、現在のお墓から「改葬」(お骨を新しいお墓に遷すこと)して、それ以降は「共命」で供養を続けます。万一、お参りがなくなっても、大蓮寺がある限り、永代に合同供養を行います(年3回)。

浄土宗、浄土真宗の方に限って、一般の方にもお譲りしていますので、詳細はお問い合わせください(一般250万円)。

お墓の引っ越し?

親が亡くなったので、里のお墓をこちらに遷したい。遠方なので、もっと身近なところにお墓を遷したい。そんなご相談を受けることが多くなりました。

これを「改葬(かいそう)」といい、一般に里のお墓を解体して、遺骨を新調したお墓に遷す一連の流れとなります。当山でも浄土宗・浄土真宗の方に限り、ご対応していますので、遠慮なくご相談ください。 

まずは事前にご相談ください。

お墓のカタチも時代とともに変化します。まず第一に先祖を、あるいは亡くなった方の供養こそ優先されなくてはなりませんが、家族の形態や居住、今後の承継など考えておかねばならない事情もたくさんあります。

なるべく伝統は守っていきたいものですが、原則論だけで事情を顧みない対応では、せっかくの供養もつづきません。当山ではまず個別の事情をよくお聞きして、それに適ったお墓の選択をお勧めしています。費用や立地はそのあとからでも十分検討できます。必ず事前のご相談を欠かさないようにしてください。