大蓮寺の年中行事

大蓮寺では、通年にわたり春秋の彼岸、夏の施餓鬼、秋の十夜の五大法要を開催、懇ろにご先祖さまのご供養に勤めています。また、檀信徒による墓地清掃の例会、明照明照浄心会(年7回第2日曜)を開催しています。参加は檀信徒及びその有縁の方に限ります。

またパドマ幼稚園有縁の方々には、8月の子ども地蔵盆踊りや塔頭應典院での子ども七五三法要(11月第2日曜)なども開催しています。

不定期ながら、念仏道場・五重相伝、授戒会なども開催しています。

大蓮寺の主な定期法要

1月 修正会・年頭詣・初講(新年会)
3月 春彼岸
4月 輪番御忌
5月 団体参拝バスツアー
6月 墓供養(護持会総会)
8月 盆施餓鬼・棚経・子ども地蔵盆
9月 秋彼岸
10月 十夜
11月 子ども七五三法要(應典院)
12月 除夜の鐘
晴れ晴れと仏弟子に。五重相伝授者の記念写真。
 春と秋の彼岸法要。浄土の教えを聞法する。
 墓地清掃の例会・明照浄心会でボランティア。
5月の行楽日よりには、団体参拝バスツアー。

五大法要の内容

 年5回の大法要は、ご先祖さまの追善回向を兼ねて行われるもので、例年約100名の参詣でにぎわいます。回向は、ご先祖さまの戒名を一人ずつ記した塔婆をあげて行います。その手順をご説明します。

1.事前に塔婆を申し込んでください

まず開催当日までにどなたの塔婆を回向するのか、事前にお申し込みください。専用のハガキかFAX、メールでも結構です。俗名と戒名、申し込み者の名前を書いてください。

2.回向料を収めてください

規定の塔婆冥加料を収めてください。参詣の方は当日でも結構です。また振込や事前に持参いただいても結構です。

3.なるべく当日はお参りください

当日はなるべくご家族揃ってお参りください。開式は9時、法要は10時に始まります(施餓鬼は別時間)。塔婆回向は先着順に読み上げます。回向が終われば、座敷で昼食(お斉)を召し上がってください。お帰りがけにはお墓にもお参りください。

4.出席者、申込者の芳名は寺報に掲載します

毎月発行の寺報「大蓮寺だより」に、申込者全員の芳名を報告します。ご確認ください。

自然(じねん)・共命(ぐみょう)の合同供養

生前個人墓〈自然〉は、檀家とは別の会員組織を設けています。〈自然〉の物故者のためには、春秋の彼岸、盆の3回、合同供養会を開催しています。春には、供養会に先だって、会員対象の帰敬式も開催しています。

永代供養総墓〈共命〉も同様に年3回の合同供養を行っています。