シリーズ:おてら終活カフェ

おてら終活カフェ 第8回「ペットの終活。わたしの終活。」

( 2019年05月16日 更新 )

●第8回●
日時:4月11日(木)14時~15時半
会場:浄土宗應典院2階 気づきの広場
参加費:無料(どなた様もお気軽にお越しください)
ゲスト:吉本由美子 様(NPO法人ペットライフネット代表)
テーマ:愛するペットの死に、いかに向き合うか。「ペットの終活。わたしの終活。」
申し込み:https://docs.google.com/forms/d/1A6bmRZqElYZ_UZubBb6KVpF75y_Fjd4gNDuj0yI3nv4/edit
    (事前申し込みにご協力ください)

ペットの終活とは~

「ペットの終活」には、ふたつのきわめて大切な備えがあります。ひとつは、愛するペットの死に向き合うための準備です。ペットを失った悲嘆(グリーフ)を乗り越えるために、虹の橋をちゃんと渡ることのできるよう供養し、ペットへの感謝をカタチに残す方法を考えます。もうひとつは、飼い主である自分自身がペットより先に逝ったら、遺されたペットはどうなるのかを考え、お世話してくれる人(団体)や、そのため
の資金を準備しておく必要があります。

 

~NPO法人ペットライフネットとは~

ペットと暮らすシニア世代を支援するネットワーク組織です。動物愛護管理法では、ペットの終生飼養が義務づけられています。しかし、高齢者の場合、老人施設への入居や長期にわたる入院、認知症の発症などでペットを飼育できない状況に陥るケースが多くみられます。そこで、ペットのお世話をお手伝いする「飼育サポートシステム」を導入。飼い主にもしものことがあった場合、「わんにゃお信託®」で遺されたペットのいのちをつなぐ活動をしています。

 

~ゲストプロフィール~

吉本 由美子(NPO法人ペットライフネット 代表)

1947年、兵庫県生まれ。マーケティングコミュニケーション&リサーチのプランナーとして長く携わる。一緒に暮らした猫たちは10指に余り、猫抜きでは人生が語れない。2013年、病気・入院を契機に愛猫のために少しでも資産を遺したいと思い立ち、弁護士をはじめ友人たちの協力を仰ぐ。2014年1月6日、「わんにゃお信託®」を要とするNPO法人ペットライフネットを設立。