【ブック】伝統と保守というリバースな関係。『「リベラル保守」宣言』著:中島岳志(新潮社)

「伝統」ということばについて、中島は「慣習の中に潜む精神のかたち」であり、それは「意志をもって意識的に捉え直さなければならない再帰的存在」という。時間を積んだから伝統なのではない。安易に「伝統」を連発する我々に、保守のあるべき姿を厳しく問いただす。

http://www.shinchosha.co.jp/book/302752/