新年の法要、初講と新年会を開催いたしました。

(2020年01月17日 更新)

1月13日(月・祝)、恒例の新年の法要・初講(はつこう)を、48名の参列を得て、開催いたしました。当日は住職講話があり、大蓮寺開創の際の足利家との関係について、また次世代への引き継ぎや、ラグビー日本チームの品位など、多岐にわたってお話しました。その後、ご先祖様に各家塔婆回向を勤めました。

全員で写真撮影の後は、大広間にて恒例の新年会を開催しました。お檀家さんのオカリナ演奏にはじまり、副住職を中心としたバンドのステージや、ビンゴ大会やカラオケを楽しみ、一年の幕開けを共に祝いました。

2020年は、5月2日から6日まで、17年ぶりの五重相伝を開催するなど、当山にとって大きな節目の一年となります。
本年も何卒よろしくお願い申し上げます。