※開催延期※仏教の語り芸〜おてら宗活塾第5回〜【おてら終活 花まつり】

( 2020年02月28日 更新 )

芸能と仏教の関係とは…若手僧侶、いざ参る!
仏教の語り芸〜おてら宗活塾第5回〜

落語や能楽など伝統芸能の「型」は、仏教の儀礼や説教から誕生しました。
<仏教と芸能>をめぐる歴史のドラマには、現代日本の文化・芸術を読み解くヒントが満載。
20代僧侶が語る、仏教芸能論です。
(要申込・先着30名程度)

<日時>
4月11日(土)14:00~15:30 ※開催延期

<会場>
應典院 本堂

<参加費>
一般 1000円
ともいきの会会員 500円
應典院寺町倶楽部会員 500円

<講師>
釋大智(浄土真宗本願寺派如来寺副住職)

大阪の池田にある如来寺の副住職。
認知症高齢者のためのグループホーム「むつみ庵」や、
現代版の寺子屋とも言える「練心庵」の運営に携わる。
現在は龍谷大学の博士課程修了し、同大学研究生として
親鸞思想を中心に研究をすすめる。専門は真宗学だが、
倫理や哲学、宗教者の社会実践などにも関心がある。
相愛大学でも非常勤講師を務める。

 

【申込】
お席の準備のため、下記フォームより事前にお申込みください。
https://forms.gle/SqZRAZvp8tmeQt569