〈映画評〉「6才のボクが、大人になるまで」

映画は、時間推移を大胆に省略することで成り立つ芸術である。SFXが発達して、超リアルなフケメイクも可能となった。30代の役者だって、違和感なく80歳の老人を演じられる。

子どもだけがそうはいかなかった。子どもから青年期と演じ分けるのは、子役が絶対必要であって、どうしてもそこにはナマの人間の成長に追いつけない、映画的時間というものがあった。のだが…。

「6才のボクが、大人になるまで」は、実際に6才の少年が18歳になるまで、ずっと毎年夏休みだけ(!)撮り続けた映画である。れっきとした劇映画だ。イーサン・ホークなんてスターも出ているが、彼も12年前この映画にクランクインして以来同じ父親役を演じ続けている。時間が役者の成長や変化にシンクロしているのだ。

だから所々、出て来る12年間のアメリカ社会の変化だって、過去を(忠実に)再現したものではない。少年は確かに10歳の頃、ハリーポッターに熱狂していたのだ。映画というつくりもの(本質的な再現性)でありながら、ウソでないリアルが持続していくのは驚異だ。

主人公の彼が途中でもし途中でぐれたり、不始末を犯したら、映画は忽ち中止に追い込まれるのだろう(それとも脚本を変えるのか)。子ども時代の彼が、どこまで俳優としてもつのかだって未知数だ。12年という時間は、ただ製作期間の長さだけではなく、ずっと主人公の少年の成長に寄り添いつづけた監督の人格がもたらしたものなのだろう。映画の可能性を感じた。評価A−。

付記

15歳の誕生日に、彼が家族からもらうプレゼントが「名前入り聖書」と「先祖伝来のライフル銃」だった。家族団らんの穏やかなシーンなのだが、息を呑む。

Navigator

大蓮寺住職、應典院代表

秋田 光彦

1955年大阪市生まれ。

明治大学文学部演劇学科卒業後、東京の情報誌「ぴあ」に入社し、主に映画祭の企画・宣伝を担当。退社後、映画制作会社を設立、1997年に劇場型寺院應典院を再建。

以後10数年間にわたって、市民、コミュニティ、地域資源のあり方を具体的に提案し、実践し、市民活動や若者の芸術活動を支援してきた。また、人生の末期を支援するエンディングサポートをNPOと協働して取り組むなど、「協働」と「対話」の新しい地域教育にかかわる。パドマ幼稚園園長、総合幼児教育研究会代表理事、相愛大学客員教授など兼務。まちづくりからコミュニティシネマまで活動範囲は幅広い。