映画評「冷たい熱帯魚」

いつから日本映画はテレビの劇場版に落ちぶれたのだろう。お手軽な映画に飼いならされていくと、うぶな観客たちは映画への敬意や畏れを失う。それは映画という表現の危機でもある。

「冷たい熱帯魚」は、ある意味、映画の極限を描く。道徳や倫理を踏みにじり、エロとグロでわれわれを圧倒する。映画館の暗闇でしか許されない禁断の物語である。 

映画は実在する猟奇殺人事件にヒントを得ている。小さな熱帯魚店を営む社本の家庭では、年頃の娘が若い後妻に反発しており、そのため夫婦の間にも亀裂が生じていた。ある日、娘が起こしたささいな事件をきっかけに同業者の村田と知り合う。最初はその人柄にほだされて事業を手伝うことになるのだが、次第に村田がモンスターの本性を現し、恐ろしい猟奇殺人事件に巻き込まれていく……。暴力、裏切り、陵辱、殺人、血まみれの肉塊が飛び交う場面は正視に耐えない。

この映画には希望はない。救いもない。遺体を切断する山小屋には、なぜか薄汚れたキリスト像が立っている。犯行に使われるのも神具である。宗教がまとう愛や友情も丸ごと否定しながら、それでも生き延びようとする背徳者たちを描くのだ。鬼才・園子温監督はこううそぶく。「もう観客に癒しも慰めも与えない。残酷な事実だけを提供します」。

俳優陣も異能そろいだが、中でも村田を演じるでんでんが凄まじい。欲望の赴くまま生きながら、しかし強烈な悪の魅力を放つのは、彼の言う「自分の脚で立っているから」だろう。善悪を問うのではない。狂気が世界を凌駕するのだ。

気軽に人に勧められる作品ではない。だが、映画という表現の闇にふれるために、見ておくべき一本だと思う。(2010年 日本映画)

Navigator

大蓮寺住職、應典院代表

秋田 光彦

1955年大阪市生まれ。

明治大学文学部演劇学科卒業後、東京の情報誌「ぴあ」に入社し、主に映画祭の企画・宣伝を担当。退社後、映画制作会社を設立、1997年に劇場型寺院應典院を再建。

以後10数年間にわたって、市民、コミュニティ、地域資源のあり方を具体的に提案し、実践し、市民活動や若者の芸術活動を支援してきた。また、人生の末期を支援するエンディングサポートをNPOと協働して取り組むなど、「協働」と「対話」の新しい地域教育にかかわる。パドマ幼稚園園長、総合幼児教育研究会代表理事、相愛大学客員教授など兼務。まちづくりからコミュニティシネマまで活動範囲は幅広い。