シリーズ:エンディングセミナー

2012夏「『看取り』から地域を支える〜人生の最期、誰があなたに寄り添うのか〜 」

( 2012年05月25日 更新 )

「孤族」の時代、病院死が圧倒的多数となる現代、すでに「看取り」の風景は家庭の日常から消え去った感があります。しかし、そこから改めて失われた「地域」を再生しようとする取り組みも生まれています。その「看取り」の場では、誰一人孤立させないために、「つなぎ」の場を持つ工夫や、人々の関係づくりが大切にされています。3人のゲストとともに、「孤族」の時代だからこそ、尊厳と自立をもっていかに「生き抜くのか」を語り合います。

「納得」のサイゴ〜その人らしく生きるとは〜

  • 開催日:2012年7月8日
  • ゲスト:山口育子さん(NPO法人ささえあい医療人権センターCOML理事長)

「まじくる」って?〜つどい場での日常からみえるもの

  • 開催日:2012年7月14日
  • ゲスト:丸尾多重子さん(NPO法人つどい場さくらちゃん代表)

「悲しむ力〜死生観なき時代を生きる」

  • 開催日:2012年7月21日
  • ゲスト:中下大樹さん(真宗大谷派僧侶・上智大学非常勤講師)

詳細情報

日時
2012年7月8日、7月14日、7月21日
会場
大蓮寺客殿
参加費
一般1,000円、應典院寺町倶楽部会員・学生800円
対象
広く一般市民
主催
大蓮寺・エンディングを考える市民の会・應典院寺町倶楽部
共催
浄土宗大蓮寺・應典院
協力
大阪府立急性期・総合医療センター「やすらぎ通信」編集部、(株)ロハスメディア、NPO法人ささえあい医療人権センターコムル、オフィスシオン、支縁のまちサンガ大阪、NPO パブリックプレス、エンディングセンター
申込み
各日程別に以下のサイトまたは事務局連絡先にてお申込み下さい。
「7/8山口育子さん『納得』のサイゴ〜その人らしく生きるとは〜」
「7/14丸尾多重子さん『まじくる』って?〜つどい場での日常からみえるもの」
「7/21中下大樹さん 悲しむ力〜死生観なき時代を生きる」
電話:06-6771-7641 FAX:06-6770-3147
問合せ
大蓮寺・エンディングを考える市民の会
543-0076 大阪市天王寺区下寺町1-1-27
TEL 06-6771-7641 FAX 06-6770-3147 
E-mail info@outenin.com